Photo
x-dopeshit:

http://x-dopeshit.tumblr.com
Photo

(beefmtbから)

Photo
clubmulholland:

Step away from the Porsche!

clubmulholland:

Step away from the Porsche!

(wdlaboから)

Photo
castellicycling’s photo on Instagraminstagram.com
Quote
"

2005年12月31日
ダライラマの言葉
短いけれど、とても素敵なメッセージです。 楽しんで下さい。
これはダライ・ラマが2005年に贈るメッセージです。

お題:カルマ

●「生き方」インストラクション

1.大きな冒険を伴う大いなる愛と行いを大切にしなさい。

2.失うものはあっても、与えられた教訓は失わないこと。

3.3Rに習うこと。 
—自身を敬い(Respect)
—相手を敬い (Respect)
—自分の行動全てに責任(Responsibility)を持ちなさい

4.求めているものが手に入らなくても、実はそれが幸運である事もあるのです。

5.ルールを学ぶと正しいルールの破り方も学べます。
6.些細な争いで大切な関係に亀裂を入れてはいけません。

7.間違いだと気付いたら、すぐに過ちを正す行動をとりなさい。

8.一日の中で、一人で過ごす時間を持ちなさい。

9.変化に寛大であれ。しかしながら自分の価値を失うなかれ。

10.時には沈黙が一番の答えである、という事を忘れないこと。

11.正しく気高く生きなさい。年齢を重ね過去を振り返る時に、二度に渡って人生を楽しめるようになるでしょう。

12.あなたの家庭にある愛に満ちた空間こそが、あなたの人生の基盤なのです。

13.愛する人との間に相違が生じたら、今起きていることだけに対処すること。決して、過去は持ち出さないこと。

14.自分の知恵を分かちあいなさい。それが不滅を実現する道なのです。

15.この地球に優しくあれ。

16.一年に一度、まだ見知らぬ土地を訪れなさい。

17.互いが必要する以上に愛しあうところには、最高な関係が存在しています。

18.手に入れるために諦めたことが自分の成功だと判断しなさい。

19.愛に臨み、自由気ままに扱いなさい。

"

成功への脱出〜あるサラリーマンの場合〜:ダライラマの言葉 - livedoor Blog(ブログ) (via wingknights) (via theemitter) (via nekohei) (via nemoi) (via quote-over100notes-jp) (via tatsukii) (via usaginobike) (via shimamashi) (via kyohei1989) (via usaginobike) (via deepspeed) (via echanplus) (via hm7)

Quote
"無宗教だけど何かにすがりたい気持ちは理解できる。すがりたい対象が、仏像かまんがタイムきららかの違いだと思う。"

「京都、仏像をめぐる旅」読んだ感想 - MEMOGRAPHIX (via voynich8)

(bokkouから)

Quote
"小さな食堂(夫婦と息子さんで経営。バイトは私だけの合計4人)でバイトをしています。
基本的に調理は旦那さんと息子さんがやっているのですが、付け合せの人参のグラッセなど簡単なものは私が作っています。
昨日最後に来たお客さん(親子3人)が「この人参のグラッセを作ってる人はどなた?」と聞いてきました。
私は不味いと苦情を言われるんだと思い、震えながら「私です」とお客さんがいるテーブルに行きました。
お客さんは私をじろじろと見て「そう、あなたが作ってるの…」と呟きました。
私はもう怖くて怖くて、手をぎゅっと握ってその視線に耐えていました。
そうしたら奥さんの方が「うちの子、人参が大嫌いでどんな料理にしても絶対に食べないの」と言いました。
「それなのに、このお店のグラッセだけは美味しいっていつも嬉しそうに食べるのよ。
良かったらレシピを教えてくれないでしょうか」とメモ帳とペンを私に差し出してきました。
そういうことは店長に確認を取らないといけないので、冷静を装ってと厨房に行きましたが、実際は嬉しくてぼろぼろ泣いてた。
厨房に行くと店長は「話は聞いてた。レシピは教えてやっていいぞ」とレシピのコピーをしてくれていました。
そして「これも持っていけ」とグラッセとうちの一番の自慢のコロッケを渡してくれました。
お客さんにレシピと「これは気持ちです」と料理をテーブルに載せると、子供は満面の笑みで「ありがとう!」と、
夫婦も「このコロッケ凄く美味しくて大好きなんです」って美味しそうに食べてくれました。
このことが本当に嬉しくて嬉しくて、お客さんが帰った後、思わずおお泣きしてしまった。
店長が「料理屋は客に美味いと言われるのが最高の幸せだ。だから今のお前は最高に幸せなんだぞ」と
言って、私が泣き止むまでずっとお店にいてくれました。
お店もここにくるお客さんもみんな大好きだ。
"

人が死なない泣けるコピペ 前半:ハムスター速報 - ライブドアブログ (via jazz01)

俺 昔レストランでバイトしてたから、この気持よく分かる(ホールだけどね)。外食して 美味しかったら、絶対に支払の時言う。調理場まで伝わってるか、わからないけど、気持ち。あと、絶対にまた行く。滅多に外食しないけど、前回旨かったとこに行く。そして、会計に時に 「美味しかったので、また来ました」「また来ますね」っていう。正の循環は、回るからね。

みんな、 ハッピーだったら、いいじゃん(これ 俺のモットー)。

(via wdbrkbrmghm)

(元記事: ishizue (aki373から))

Photo

(元記事: rohnerstefan (kensuから))

Photo
おは大ちゃん (平磯海岸)

おは大ちゃん (平磯海岸)

Quote
"812 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2013/08/30(金) 11:49:53.08 ID:JWwCy1ok0
私は正直、地味な方。
で、旦那と旦那友人独身♂と飲んでいたとき、
旦那友が
「やっぱりお前みたいに、
 結婚するのはフランス料理みたいなタイプじゃなくて
 肉じゃがとかカレーみたいな女がいいんだろうって思うけど、
 たまにはフランス料理食いたくなるだろ?
 てか、ぶっちゃけ奥さんに飽きるだろ」って言ってたの。


そしたら旦那が
「うちの奥さんはフランス料理タイプでも肉じゃがタイプでもない。
 冬のコタツタイプ。一度入ったら出たくなくなるんだ。
 飽きるとかはないな。お前も見つかるといいな、お前のコタツ」
って言ってくれて涙目。
旦那も私のコタツです。
"

冬のコタツタイプ行き掛けの駄賃 (via motovene)

(aki373から)